モビット 審査

モビットの審査の全てに迫る

モビットのホームページには仮審査のサービスがあります

知名度の高いカードローンサービスとして、三井住友銀行のモビットがあります。銀行カードローンの中には仮審査のサービスを行っているところが多いですが、モビットにも仮審査が受けられるサービスがホームページ上に設置されています。モビットの仮審査では、生年月日や年収、他の金融業者からの借り入れ金額などのいつくかの情報を入力することによって、融資が受けられるかどうか調べることが可能なサービスとなります。モビットのカードローンは審査スピードが速いので、最短であれば30分ほどで審査の結果が出て即日融資にも対応してくれます。年齢条件としても、20歳以上から65歳までの人が申込みができるので幅広い年齢層の人が利用できるカードローンと言えます。高い信頼性のあるカードローンで、銀行らしい低金利で融資を行っていますので、返済計画を立てやすいなどのメリットがあります。全ての手続きをインターネット上で行えるサービスも展開していますので、来店不要で使用できるカードローンとして人気があります。

モビットで本審査前の仮審査が行われる条件

モビットでは通常、カードローンやクレジットカードの審査で仮審査は行っていないようです。仮審査は本審査と同様な審査ですが、借入条件を精査しない審査と言われており、本人が申告していない借入はチェックできず、本審査が通らないという方も少なくないようです。モビットでも以前は店頭などで仮審査を行っていたようですが、現在では、本審査をする時間がとても短いことから審査に差がなくなっているようです。ただし、モビットでカードローンを選ぶ際、借入希望額が多額な場合は仮に担保などを見ない状態で審査をするということもあるようです。ただし、このような場合は、他の借入については精査を行うことになるようです。その上で担保が必要かどうかの判断を行うことはよくあります。一般のカードローンでは年収と借入条件だけでの審査なので審査はいつも変わりませんが、借入希望額が100万を超える場合は収入の確認のために、再審査となることも多いようです

モビットの10秒審査について

消費者金融のモビットには10秒審査というものがあります。必要最小限の項目を書き込むだけで、コンピューターが審査を行い、融資が可能であるのかを判断してくれます。モビットのサイトで誰でも行うことができますので、とりあえずという気持ちで10秒審査を受けてみると良いでしょう。ここで勘違いしてはいけないのは、この10秒審査が通ったから、モビットでキャッシングできるといったものではありません。あくまでも簡易的な審査になりますので、ここから本審査になります。ここで断られるということは滅多になく、多くの場合融資が実行できる、もしくは相談してくださいという回答になることが多いです。これはモビット内部の判断基準になっており、簡易的な審査結果になっていますので、ここからモビットの担当者による審査になります。ここで良い結果を得られたとしても、審査に落ちることもあります。この審査がすべてではありませんので、注意してください。

モビットの仮審査時間について

たくさんあるクレジットカードの一つである「モビット」は、三井住友銀行系列のカードになります。クレジットカード会社のTVCMはたくさんありますが、モビットの現在のCMは、竹中直人さんと夏菜さんが出演されている楽しいCMとなっています。モビットの特徴は、他社と比べると仮審査の時間が非常に短い:全く時間がかからないスピード感が特徴です。ネットでの申込手続きのみにもかかわらず、10秒ほどで仮審査の結果通知表示があります。また、仮審査だけでなく契約時においても、郵送物や電話連絡などの手続きが簡素されており、利用者にはありがいです。また、契約時も簡略化、ネットでの手続き完結が行えます。(ただし、条件があります。三井住友銀行・東京三菱UFJ銀行に口座がある、または社会保険証・組合保険証がある場合など)モビットの利用者に対するスピード感は非常に便利で、負担感がありませんすので、クレジットカード利用の際に検討されることをお勧めします。


ホーム RSS購読 サイトマップ